Entries

スポンサーサイト

2016/3/7

先月、2年半ぶりの個展を終えた。久しぶりだったけど、やっぱり個展は面白い。個人的には大満足だったので、次に向かう。今回はカメラについて考えていたので、次回は写真について考えて個展をしたい。そもそもなんで写真なのかが自分でたまによくわからない。絵が描けないからっていうのは大いに影響してるのだけれど、それだけじゃないのは自分がよくわかっている。撮影という行為に興味があるわけでもない。テクノロジーが発達...

2015/9/29

先日、JAPAN PHOTO AWARDのエントリーを済ませた。本当にギリギリまでいろいろやってみたけど、結局は自分が作ったものなのでどう足掻こうが自分にしかならない。バケペンを使っていた頃は今よりも頭で考えることが少なかった。merillに変えてから、データから写真にするまでの作業を自分でするようになったから考えることが多い。そしてmerillに変えてからはレタッチで自分のイメージする仕上げに近づくことができるので、良くも...

2015/9/6

先日、中平卓馬氏が亡くなった。時代を創った天才がいなくなるのは悲しいことです。僕は27歳なので全盛期はもちろん知らないけれど、中平さんは大好きだ。森山大道や高梨豊など中平さんと同時代に活動していた写真家はたくさんいるけれど、僕にとってはやっぱり中平卓馬が一番かっこいいです。夜の電話ボックスの写真とか本当にかっこいいです。あれを初めて見た時は鳥肌が立った。そして写真ももちろんですが、言葉とか写真に対...

2015/8/24

あと1ヶ月ほどでJAPANの応募締め切りなので、連日写真のことばっかり考えている。10枚という制約はお気軽なようで、とても難しい。その枚数でどこまでまとめきれるかが大切と思っていたけど、すこし考えが変わってきた。名刺的というか、自分がどんなものに向かって写真をしているかがわかるような作品ではダメだと思ってる。10枚で完璧なものを提示することは大事だとは思うけれど、10枚で理解できてしまうようなお腹がい...

2015/8/23

先日、国立国際美術館へティルマンスの展示を観にいった。初めて見るティルマンスの壁面展示はとても引き出しが多くて、たくさん勉強になることがあったな。プリントのサイズ・縦構図と横構図の使い分け・紙の種類分け・額装やピンやテープ・テーブルで見る雑誌紙面のスチール………すごく自由でかつ繊細で、本人のこだわりがないとこうはならないんだろうな。一方で過去にティルマンスがこの壁面展示のスタイルで世に出てきてからそ...

Appendix

プロフィール

室田光祐

Author:室田光祐
写真家

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。